歯 ホワイトニング インプラント

パーツ

虫歯とプラークの関係

歯磨き粉やハブラシのCMでよく耳にする「プラーク」のことを御存知でしょうか。
どうやら口腔内にとって良くないもの・・・という曖昧な感じでは知っているけれど詳しいことは分からないという方もいらっしゃるかと思います。

プラークとは、歯の表面についた白色または黄白色のネバネバした物質のことで歯垢とも呼ばれます。
一見、食べ物のかすのようにも見えますが、全く別のものです。これは細菌の塊で、およそ300種類の細菌が10億個もが存在するといわれています。
これらの細菌が毒素や酸を排出することによって虫歯や歯周病の原因となっていくのです。
プラークは食後8時間ほどで作られるため、毎日の歯磨きが重要です。
よく磨いたつもりでも、歯と歯の隙間は磨き残しが多いので気をつけ萎えれば行けません。
まず、目に見える部分については歯ブラシでしっかりブラッシングしてください。
比較的簡単に取り除くことができます。次に見えない部分のケアです。
特に歯と歯の隙間は歯ブラシだけでは除去するのは難しいので、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってケアする必要があります。

しかしそれだけでも、まだ不十分な場合も多ので、歯医者を定期受診してケアしてもらうことで、より美しい歯を保つことが可能となります。

虫歯の発生と進行具合

歯医者さんは「痛い」というイメージが強く、歯に違和感を感じたり痛みを感じても、歯医者さんに行くことを躊躇う人も多いのではないでしょうか。
また、治療に費やする時間や費用を考えると、受診することをついつい先延ばしにしがちです。

虫歯は決して自然治癒することはありません。進行するばかりですので、早めに治療することが重要です。
悪化すればするほど、痛みも大きく、治療にも時間を要します。

では、虫歯はどうやって発生して、どのように進行していくのでしょうか?
歯科検診でも聞いたことがあるとおもいますが、C0〜C4、これは虫歯の進行具合を示しています。
虫歯の発生当初であるC0は歯の表面であるエナメル質が透明感をなくして、白く見えます。
まだ穴も開いていない状態ですが溝が黒くなりはじめています。
痛みは感じることがないため、なかなか気づきにくいですが、十分な歯磨きとキシリトールをケアすると、元の健康な状態に戻れる状態です。
痛みがない状態で徐々にエナメル質が溶けて内部へと進行していき、歯が変色したり、浅い穴ができるのが次の段階であるC1です。
C2に入ると、歯の神経である歯髄まで虫歯が侵攻したため、冷たいものや甘いものを口にすると痛みを感じるようになります。
C3になると、歯の色も黒ずんで、歯髄の炎症の度合いにより痛み方も違ってきます。
食べ物を食べづらい熱いものや冷たい食べ物で痛みを感じる、激痛が走るなどさまざまです。

そしてC4では歯の形がなくなって、歯の根っ子まで虫歯に侵されている状態です。
ここまで進行すると、歯を残すことは不可能な場合が多く、抜歯の可能性も出てきます。

パーツ
This template made by
素材屋