歯 ホワイトニング インプラント

パーツ

最新の虫歯治療

歯医者さんが怖いというイメージが強いのは、痛みに耐えながら、注射をしたり、歯を削られている、あの耳障りな音を想像してしまうからなのでしょう。
しかしそういった治療方法は昔のやり方で、最新の虫歯治療は、進化しています。

まず、初期の虫歯であれば、歯を削らない治療や削る箇所を最小限にする治療、虫歯の部分だけを溶かす治療方法も増えています。
歯を削らないということは、振動もなく、痛みも抑えることができます。また、自分の歯を長く使っていくという意味でも削らない治療法は重要な意味を持ちます。

例えば、虫歯によって歯に穴が開いていなければ、フッ素を塗布することで歯を硬くし、虫歯の進行を止める方法があります。
この方法であれば、痛みに対するストレスもなく、また自宅で簡単にケアできるというメリットもあります。
歯の石灰化を目指すには、フッ素やキシリトールを含んだ歯磨き粉は十分な効果が期待できます。

最小限に削った後に薬剤で抗菌化して治療する方法、オゾンで殺菌する方法など、最新の虫歯治療は一つではありません。
自分にとってベストな治療法を選択しましょう。

歯に良い物質とは?

フッ素は歯にとって良い物質であることは、CMを見て多くの方がご存じだと思います。
どのように良いかと言えば、虫歯予防のために効果的な物質なのです。
フッ素は、プラークを作る虫歯菌の活動を抑える効果や歯を酸から守ることで溶けにくくしたり、再石灰化を促進して歯の表面を修復する効果があるほか、 口腔内の細菌や酵素作用を抑制する効果が期待できます。

このように虫歯予防にメリットがあるものの、化学物質は不安という方もいらっしゃるでしょう。
そのような方には食べ物で補うことをおすすめします。
まずはチーズです。チーズには豊富なカルシウムが含まれており、虫歯の原因となる口腔内の酸性状態からアルカリ性状態に保つ働きがあります。
また、パイナップルやキウィはたんぱく質を分解させる酵素が含まれており、この酵素の働きで歯垢を分解させ、虫歯や歯周病の原因から口腔内を守ってくれます。
その他にも、りんごやニンジン、セロリなど歯ごたえのある野菜には歯の表面の汚れを落として、色素沈着の原因となるステインを除去する働きがあり、 ホワイトニング効果が期待できるということも分かっています。
さらに、梅干しやお酢は雑菌効果と唾液を促す効果がある為、口腔内を清潔に保つことができます。

このように、歯に良い物質を取り入れて、いつまでも美しく健康な状態を保ちたいですね。

パーツ
This template made by
素材屋